OSAKA TOURISM LAB

専門家・実務家の両視点から最新の観光市場を学び、
フィールドワーク・ゼミを通して、即戦力となる人材を育成する

ツーリズムプロデューサー養成課程の特色

「ツーリズムプロデューサー
養成課程」とは

 このプログラムは、実務経験を備えた即戦力となる観光人材「ツーリズムプロデューサー」を養成、受講生と企業、DMO等の適性をふまえた人材マッチングを支援することで、観光市場の担い手を育成・輩出し、地方創生及び観光立国に貢献することを目的としています。
 この課程では、異文化理解を含む観光学・観光ビジネス・観光マーケティングに関する知識。そして新たな観光ビジネス業界に必要な技能を身につけることを目標とします。多様な観光に対応できる、マーケティング実務能力、観光ビジネスを新たにプロデュースできる能力を得られるカリキュラムとなっています。「職業実践力育成プログラム」として文部科学大臣認定されたプログラムであり、大阪観光大学の履修証明プログラムです。

ツーリズムプロデューサー養成課程の特色

職業実践力育成プログラム
(Brush up Program for Professional)

 大学等における社会人や企業等のニーズに応じた、主に社会人を対象とした実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定します。平成27年7月に制度を創設し、毎年新たなプログラムが増えていきます。
 体系立てられた大学等のカリキュラムを受講することにより、対象とする職種に必要な能力などをしっかり修得することができます。 BPの特徴は、企業等の意見を取り入れたカリキュラムとなっているので、より実践的・専門的な講義で、キャリアアップ、再就職等に効果的な教育が受けられます。また、志の高い多様な背景を持つ社会人学生と交流することにより、幅広い人脈を築き、視野を広げることができます。